MENU

Online Store
Online Store

イースターをファットウィッチと祝おう!Happy Easter 2022

今年のイースターは4月17日(日)です。
最近は日本でも少しずつ浸透しつつあり、各地でイースターイベントが見られるようになりましたが、言葉でよく聞いても意味までは知らない方も多いのではないでしょうか。

実は、このイースターというイベント、海外ではクリスマスよりも大切な日なのだそう。
私達も、もっともっとこのイベントを楽しむために、イースターの由来や意味を調べてみました。

イースターって何の日?

イースターとは日本語で「復活祭」とも言われ、イエス・キリストが処刑された3日後に復活したことを記念する、キリスト教において最も大切なお祭りなのです。

また、ゲルマン神話の春の女神Eoster(エオストレ)、あるいは春の月名Eostremonat(エオストレモナト)が語源の由来とされている「Easter(イースター)」は、春の訪れを祝うお祭りでもあります。

そのため、イースター当日は春分の日の後の最初の満月の次の日曜日に行われます。
キリストの降誕を記念するクリスマスと同様、約1ヶ月ほど街中がイースタームード一色となるのです。

シンボルモチーフの「卵」と「うさぎ」

イースターと言えば「卵」と「うさぎ」がモチーフになっていますよね。
諸説ありますが、卵が用いられる理由は、新たな命が宿り、生命を象徴しているように見える姿がイエス・キリストを連想させるためと言われています。

子供をたくさん産むうさぎは「生命力」や「繁栄」の象徴とされていて、卵やお菓子を運んできてくれるという言い伝えも。

そのことから、卵にカラフルなペイントをしたイースターエッグや可愛いうさぎを用意して、家や街をデコレーションしたり。
例えば本店のあるニューヨークでは、うさぎなど様々な仮装をしたニューヨーカー達が集まるイースターパレードをして楽しんで、卵料理や卵をモチーフにした可愛いお菓子を食べる盛大なパーティーを開いてお祝いをします。

また、子どもたちは「エッグハンティング」という定番ゲームで楽しむようです。
お菓子の入ったたまごを隠し、探して遊ぶエッグハンティングは、ニューヨークでも博物館や公立小学校、園芸店などのいろいろな場所でイベントとして企画されています。

イースターをモチーフにした限定セットが出来ました

そんなイースターに合わせて、ファットウィッチでは限定デザインのブラウニーセットが登場しています。

イースターバニーになった魔女がとてもキュートなパッケージには、期間限定で復活したアーモンドマニアとクランベリー、NYでも定番のオリジナルとミルクキャラメルを詰め合わせました。

ベイビーサイズのブラウニーは、エッグハンティングにもぴったりなのでは♪
イースターまであと2週間!
由来に思いを馳せながら、みんないっしょにファットウィッチでイースターをお祝いしませんか?

イースター限定ブラウニー4個入り(紙袋付き)

1,739円(税込み)

アーモンドマニア/クランベリー/オリジナル/ミルクキャラメル ×各1個

Page Top