MENU

Online Store
   
Online Store

ファットウィッチについて

ブラウニー屋の始まり

ブラウニー屋の始まり

母直伝のブラウニーを作り、会社の同僚に配っていた金融業界に務めるキャリアウーマンが「私の幸せはこの美味しいブラウニーを多くの人に食べてもらうことだわ!」とウォール街を離れ、アパートの一室でブラウニーを焼き、自らデリバリー。ロゴやラベルも手作りで、愛情いっぱいのブラウニー屋の始まりです。

人気のブラウニー屋さんに

やがてNYのグルメスポットとして有名なチェルシーマーケットから声がかかり、お店を出店。いざ始めてみると、たちまち沢山のニューヨーカーや観光客で大行列のできる人気のブラウニー屋さんになりました。そして、もっと多くの人にFat Witchのブラウニーを届けたいという想いが強くなったのです。

日本にオープン

その想いは時を経て、オーナーが大好きな日本の京都と大阪に “Fat Witch Bakery Japan”として二号店と三号店をオープンさせたのです。今まで作り続けてきたブラウニーの種類は、アメリカと日本を合わせて100種類以上!みなさんは、何種類召し上がりましたか?

ブラウニーとはアメリカの家庭的な焼き菓子

ブラウニーとはアメリカの家庭的な焼き菓子。学校から帰るとお母さんが愛情たっぷりにブラウニーを作って待っていてくれます。家庭で用意できる材料だけで作られているので、優しい味に仕上がります。ココアパウダーではなく、チョコレートそのものをたっぷり使い、チョコケーキとは一味違う、 濃厚な焼き菓子です。

ファットウィッチオーナーからのメッセージ

Patさん

NYのチェルシーマーケットにある私たち、ファットウィッチベーカリーにはいつもたくさんの日本人のお客さんが来てくださっていて、本当に嬉しいです。そんな中、日本のパートナーと手を組み、日本でファットウィッチベーカリーを展開し、日本の皆さんに伝統あるニューヨークのブラウニーとそして、日本の食材を使った日本風のブラウニーを楽しんでいただいてることに喜びを感じています。是非みなさんの大切な人たちといろんな味のブラウニーを!私は日本を年に1回は訪れているので、いつか日本のみなさんにお会いできることを楽しみにしています。そしてみなさんがNYを訪れるときは是非チェルシーマーケットの私たちにも会いに来てくださいね。

Patricia Helding

ファットウィッチができるまで

1956年
1956年NYのオーナー、パトリシアは彼女のお母さんからブラウニーの焼き方を教わる。

1980年
1980年代ウォールストリートの金融街で働き、職場にブラウニーを持っていくようになる。

1998年
1998年NYチェルシーマーケットに「Fat Witch Bakery」をオープンする。

2010年

初のレシピ本が出版される。

2014年

2冊目のレシピ本が出版される。

2015年

海外初となる日本でのオンライン通販「Fat Witch Bakery Japan」スタート。

2016年
2016年パトリシアの日本でのパートナーが「Fat Witch Bakery Japan」の店舗を京都にオープンする。

ブラウニーとは

ブラウニーとは

1893年アメリカで初めてお披露目された、チョコレートの濃厚なお菓子。それ以来、家庭の定番菓子として親しまれています。平らに焼いて正方形にカットしてあり、気軽に手づかみで食べやすいのが特徴です。

Brownie Chocolate Cake
Brownie Chocolate Cake

3つのひみつ

  • ウィッチメルト製法

    本店直伝!手間暇かけてNYスタイル

  • たぷたぷチョコレート

    選びに選んだギラデリチョコレートをふんだんに使用

  • むっちり高密度処方

    独自の技術でぎゅっと詰まった食感を実現

Page Top