2019.07.31

【トリック・オア・トリート!】ハロウィンについて

カボチャの置物やイルミネーションなどが町を彩り始めると、一気にハロウィンムードが漂います。そのため、ハロウィン用のお菓子にもハロウィンらしいデコレーションやラッピングを求める方も多いでしょう。

そんな方は、魔女がトレードマークの「ファットウィッチベーカリー」を覗いてみてください。美味しいブラウニーと可愛い太っちょ魔女のデザインが、今年もハロウィンを盛り上げてくれること間違いなしです。

そこで今回は、ハロウィン限定セットの魅力を紹介します。ハロウィンギフトにお悩みの方は、ぜひ参考にしてください。

ハロウィンの起源とは?

ハロウィンとは、キリスト教の祝日である「万聖節」前夜のお祭りのことで、古代ケルト人が起源と言われています。

遥か昔、ケルト人にとって1年の終わりは10月31日で、この日に収穫祭を行うのが恒例でした。それと同時に、1年最後の日には死者の霊が現世に戻ってくるとも考えられており、霊と一緒についてきた悪霊たちが悪さをしないよう追い払うお祭りも行っていたのです。

その風習がキリスト教と融合し、現在のハロウィンへと形を変えました。

ハロウィンで仮装をするのはなぜ?

ハロウィンで仮装をする意味は、悪霊たちと同化して災いを遠ざけるためです。10月31日に現世に来ると言われている悪霊たちは、人間にいたずらをしたり悪運をもたらしたりすると言われています

そのため、仮装で悪霊を怖がらせたり、悪霊がいたずらをしないよう遠ざけようとしたりしようと考えた先人の知恵から、「ハロウィン=仮装」が定着しました。

アメリカのハロウィンは、子ども主体のイメージがあります。それに対し、日本は大人たちが仮装をして町を歩いたり、パーティーをしたりするのが最近の主流です。この違いから、日本でのハロウィンは「コスプレをする日」というイメージが強くなってきています。

「トリック・オア・トリート!」とは?

日本語に訳すと「お菓子をくれなきゃいたずらするぞ!」という意味で、ハロウィン特有の合言葉です。

ケルトの古い風習では、死者が天国に行けるよう祈りを捧げるために「ソウルケーキ」を用意していました。このソウルケーキがないと死者の魂は現世をさまようことになってしまうので、「ケーキをくれないと天国に行けないよ!」から「トリック・オア・トリート!」が発生したと言われています。

アメリカでは、大人がお菓子を用意し、仮装をした子どもたちが家をまわって「トリック・オア・トリート!」と言ってお菓子をもらうのが一般的です。ただ、日本ではこの風習がほとんどなく、友達間でハロウィンギフトを贈り合ったり、ハロウィンスイーツを食べてイベント感を満喫したりする方が多く見られます。

そのため、「トリック・オア・トリート!」の掛け声でお菓子を配るという風習を意識したことがない方も多いでしょう。そんな方は、本来のハロウィンを楽しむためにも、今年はぜひアメリカスタイルに習ってみてはいかがでしょうか。

ファットウィッチベーカリーのブラウニーを準備し、家を訪れた友人やご近所さんに配ってみるとハロウィンイベントをより身近に感じられるはずです。

まとめ

ハロウィンは、死者の魂が現世をさまよう日です。その中には悪霊などいたずらをする者もいるため、追い払う意味も込めて仮装やお菓子の準備などを行います。日本では「ハロウィン=仮装」が定着しているものの、アメリカでは本来のスタイルに則って、仮装やお菓子の準備を行っているようです。

町が大賑わいを見せる数少ないイベントの1つなので、今まであまりハロウィンの由来や過ごし方を気にしたことがない方は、ぜひアメリカスタイルに挑戦してみてください。

その際は、ハロウィンにぴったりな魔女デザインのファットウィッチブラウニーをどうぞ。「トリック・オア・トリート!」と言う方にプレゼントすれば、きっと喜んでもらえるでしょう。